トイレ豆知識①│タンクレス式とタンク式どっちにする? | 海老名市・大和市・藤沢市でリフォーム&増改築なら『秀建』

  • 見積無料
  • 相談無料
  • 診断無料

お気軽にご相談下さい

MENU CLOSE

裏話&お悩みコラム

2016.7.9

トイレ豆知識①│タンクレス式とタンク式どっちにする?

秀建リフォームの『リフォームコラム』をご覧いただき、ありがとうございます!
さて今回は、トイレ便器についてのお話です。

毎日必ず使うトイレをリフォームすることになると、”絶対失敗したくない!”ですよね。
そしていざ、チラシやネット、ショールームなどで商品を見比べると、形、性能、値段の違う便器が並んでいて、どれがいいのかと頭を悩ませる方も多いと思います。

トイレ便器といえば、昔ながらの「タンク式」と、タンクが無いトイレの「タンクレス式」があります。
そこでこの2つを比較し、それぞれのメリット、デメリットをご紹介します。

こちらご覧ください!↓↓ 『 タンクレス式 』です。
リクシル_サティスEタイプ

↑↑ LIXIL:サティスEタイプ

タンクレス式トイレのメリット
①:お掃除が楽!!
タンク式と比べて余計な隙間やデコボコが少ないです。(特に、後方部分に注目してください!)
またタンクがない分、手洗いスペースの掃除もなし、フタのお掃除も楽々!

↓↓
トイレ 掃除のしやすさ比べ

②:節水効果が高い!!
タンク式と比べて、水の使用量を約半分に抑えられます!
(20年前のタンク式便器と比べ、東京都の上下水道料金で計算の場合、4人家族で年間14,000円程度の節約が見込まれ、消費電力も小さくなっているため電気代と合わせ年間2万円以上節約も可能。)

③:連続して水を流せる!!
タンクに水が溜まるのを待つ必要が無いため、連続で水を流せます。

④:デザイン性が高い!!
タンクがなくなり見た目がスタイリッシュなので、お洒落なトイレ空間を演出できます。また、タンクがない分室内を広く使うことができ、とにかくスマート!!
↓↓
グッドデザイン賞など デザイン性が評価されています。
※パナソニック:アラウーノ(グッドデザイン賞-2007年)
 LIXIL(INAX):サティスGタイプ(グッドデザイン賞-2013年)
 TOTO:ネオレストRH(レッドドット・デザイン賞-2015年)

パナソニック_アラウーノSⅡ
↑↑ (パナソニック:アラウーノSⅡ)

タンクレス式トイレのデメリット
①:新しいウォシュレットに交換ができない
タンクレストイレの場合、便座だけ購入して交換することができないので注意が必要です。
(タンク式ならウォシュレットが故障したときに簡単に新品と交換することが出来ます。)
ウォシュレットの寿命は7年から10年くらいといわれますので、その度交換となるとやはり
高額になってきます。

②:手洗い器がない
タンクが無いので、手洗い器が欲しい場合、別途設置となります。
特にマンションやアパートでは配管工事が別に必要になる可能性がありますので、事前に調査が必要となる場合があります。

③:停電時、お水が流せない
タンクレス式は電気を使って水を流しています。よって、停電時には自動では流せなくなりますので、その時は自分でバケツをくんで毎回流すことになります。

④:タンク式と比べると価格が高い
もちろん機種にもよりますが、タンク式と比べて価格差があります。

⑤:水圧が低いところでは使えない
マンションやアパートなど集合住宅では調査が必要な場合があります。

==========

タンク式トイレのメリット
アメージュz +シャワートイレCW-H42

↑↑ LIXIL:アメージュZリトイレ(フチレス)

①:水圧に関係無く、使えます
(一般的なタンク部に溜まった水で汚物を流す方法です。)

②:タンクレストイレに比べて安価
(お値段を重視されるかたにはポイントになります。)

③:手洗い付きタンクもしくは、手洗い無しタンクを選択出来る

toto_ピュアレスト 手洗いなしタンク付トイレ
↑手洗い付きタンク式トイレ(TOTO:ピュアレストQR)    ↑手洗いなしタンク式トイレ

④:取り付けるウォシュレットや便座など、選択の幅が広い
またウォシュレットなどの消耗部品が故障しても、その部品単体だけの交換ですみます。

※近年、タンク式トイレも節水型タイプの便器が主流!

約10年ぐらい前のトイレだと、大洗浄1回分に流れる水量が13L程必要でしたが、近年の節水型ではその約3分の1の4.8Lぐらいで流せるように!年間でお風呂のお水が200杯程度の節水も可能となってきています。

 

タンク式トイレのデメリット

①:タンク部に水が溜まるまで洗浄出来ない。
連続でお水を流せません。

②:凸凹が多く、お掃除が大変。
タンクレストイレに比べて凸凹が多いため、お掃除の手入れが隅々までむずかしい。

③:陶器製だと冬場ひんやりする。
タンク式は陶器製が主流ですが、冬場などひんやりして冷たい。

 

==========

タンクレス式、タンク式 それぞれに メリット・デメリット がありますので、
トイレ選びで迷われた際、参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

トイレリフォームのご相談はお気軽に秀建リフォームまでどうぞ!!
お問い合わせ

 

トイレ売場案内

 

~・~・~・~・~・~・~・

神奈川県央・湘南エリア(海老名市、綾瀬市、厚木市、座間市、相模原市、大和市、藤沢市、茅ケ崎市、平塚市、高座郡寒川町、横浜市瀬谷区、横浜市泉区、横浜市旭区)の水廻りリフォーム・外壁塗装・改装・増築なら、海老名・大和・藤沢の株式会社秀建リフォーム
にお任せ下さい!!

 

秀建リフォームfacebook更新 秀建リフォーム 公式”Facebook” はコチラ>>>

 

一覧に戻る
来店予約 今ならお買物ポイントプレゼント

※当日のご来店予約については、お電話にて直接ご連絡頂ますようご協力をお願い致します。

リフォーム・お家の悩みでお困りの方はお気軽にプロのアドバイザーにご相談下さい。
  • 0120-974-344
  • 0120-952-138
  • 0120-919-982
来店予約