海老名市リフォームコラム|和室を洋室にリフォームしよう! | 海老名市・大和市・藤沢市でリフォーム&増改築なら『秀建』

  • 見積無料
  • 相談無料
  • 診断無料

お気軽にご相談下さい

MENU CLOSE

裏話&お悩みコラム

2021.9.19

海老名市リフォームコラム|和室を洋室にリフォームしよう!

みなさんこんにちは!
海老名市のリフォーム&増改築専門店の秀建です。

部屋の湿度を自然に調整して、快適な空間にしてくれる畳。
高温多湿な日本の気候に適した効果や、畳ならではの落ち着いた和の空間が、
日本人の心を癒してくれますよね。
しかし、現代の日本人の生活には合わなくなっている側面もあり、
リフォームの依頼も多くなってきています。

c37e22699e377ac1021c4176097e5e04_s

畳をフローリングにする

 

畳からフローリングに変更する場合は、まず畳をはがし、
その上からフローリングを置いていくという工程です。
しかし、この時マンションやその他の集合住宅の場合少し注意が必要です。
フローリングを歩くと足音が下の階や隣の家に響く場合があります。
畳は畳自体が防音効果を持っているのでそういった騒音を緩和しています。
畳をはがした後の床には防音に対する下地が何も施されていません。
その上から直接フローリングをひくと、防音基準を満たさず、
騒音トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

フローリング材が防音性能付のものでしたら問題ありませんが、
見た目もよく流行の無垢材のフローリングに変更するときは
防音ゴムのついた支持ボルトでフローリングと床の間に空間を作る工事や
フェルトなどの防音材を床とフローリングの間につめたりする工事をする必要があります。

フローリングは畳に比べ安価で、傷や汚れにも強く、
耐候性や耐水性があることも畳にはない魅力です。

ee18f848218ef42852dbcfdc9bdd906b_s

バリアフリー化のためにもフローリングがおすすめ!

 

畳は昔ながらの日本家屋に多く、バリアフリーとは少し遠い存在にあります。
襖の冊子や、洋室から和室に上がる際の段差につまずき、転倒してしまう高齢者は少なくありません。

段差

和室を洋室に変更しも、部屋と部屋の間に無駄な段差があると、
転倒してしまいます。年配の方がいる場合も、小さなお子様がいる場合もバリアフリー化は
怪我のリスクを軽減する役目をはたします。
リフォーム工事をするときはこちらも同時に考えることをおすすめします。

いつでも迅速かつスピーディーにお見積り、ご相談をお伺いしますので、
いつでもお問合せ下さい!

海老名市・大和市・藤沢市でリフォームや増改築なら
リフォーム&増改築専門店の秀建へご相談ください。


↓メールでのご相談はこちらをクリック↓

↓お電話はこちらをタップ↓
通話料無料(営業時間10時〜18時)

一覧に戻る
来店予約 今ならお買物ポイントプレゼント

※当日のご来店予約については、お電話にて直接ご連絡頂ますようご協力をお願い致します。

リフォーム・お家の悩みでお困りの方はお気軽にプロのアドバイザーにご相談下さい。

お気軽にご相談からどうぞ!リフォームのことなら安心と実績の神奈川県 秀建へ!営業電話一切ございません!
通話料無料のフリーダイヤル または 24時間受付!WEBへ!

来店予約