インテリアリフォーム | 海老名市・大和市・藤沢市でリフォーム&増改築なら『秀建』

  • 見積無料
  • 相談無料
  • 診断無料

お気軽にご相談下さい

MENU CLOSE

Interior | リフォームポイント | インテリア

point 内装リフォーム

「インテリア」「内装」のリフォームでは、こんなことができます!

インテリアと聞くと、カーテンや、家具、室内雑貨、置物などのことをイメージされる方がいらっしゃいます。ところが、そもそもリ フォームでいうインテリアとは、もっと守備範囲が広い分野です。簡単に言うと、家の中のコーディネート全般を指します。室内 装飾とも言います。家具は勿論のことながら、カーペット、カーテン、照明器具、壁紙などです。デザイン性の高い、家の中を 彩るものと考えれば、絵画や花瓶なども含まれます。

秀建が行う内装工事の例を挙げてみました。もちろん、ここに書ききれないほど小さな工事やお客様のお住まいに特有のリフォームもたくさんございます。ですから、下記はほんの一例ととらえていただき、「こんなこともしてくれないかしら?」と思うような室内のちょっとした改修でも秀建までお問合せください。

インテリアリフォーム取り扱い工事の例
カーペット貼替工事
フローリング貼替工事
壁紙(クロス)貼替工事
和室内装工事
洋室内装工事
和室から洋室への変更工事
押入れ収納改修工事
クローゼット取り付け工事
障子(しょうじ)張り替え工事
襖(ふすま)工事
畳(タタミ・たたみ)張り替え工事
クッションフロア貼り替え工事
内装リフォームしたきれいな部屋の写真

長期的な計画を立てて優先順位をつける

例えばカーテンを新調したとします。その後、気に入ったソファーを見つけて購入したが、お互いに相性が全く合わないという のは往々にしてある話です。もし「快適なリビング」にしたいなど、漠然とした想いがあるのであれば、そのイメージを細かく分け、壁紙、床、収納、色、柄、機能性などのうち、何が最も優先順位が高いのかを整理整頓しましょう。内装リフォームを終えたときの最終イメージをより具体的に描き、そのイメージを現実にするための各要素に優先順位をつけると、大失敗することは少なくなります。

内装リフォームしたきれいな部屋のお気に入りのチェアとテーブルの写真

空間・機能・経済・五感の4つの視点で考える

内装をキレイにしたい、一新したいというご希望をお客様自身が初めてお持ちになるとき、案外ひとつの視点でしかリフォー ムを考えていないことがほとんどです。

例えば...

  • 壁紙が黒ずんでいるからシンプルな白っぽいクロスを貼りたい。
  • 子供が成長したので、子ども部屋のカーテンをアニメキャラクターからちょっと大人びたものにしたい。
  • とにかく、床をたたみからフローリングにしたい。
  • 部屋の電気が最近薄暗くなってきたので、これを機に良い照明器具を取り付けたい。

ですが、本当に住み心地の良い部屋を作るためには、その空間での動きやすさ、使い勝手、機能性、リフォームにかけられる費用、デザイン性など、極めて多角的にトータルな視野が求められます。

「空間」という視点

部屋の広さや形状に合わせて家具や照明器具、収納のタイプを考えましょう。家具を置いたことで、うまく部屋の光が全体に 広がらないで陰が出来てしまう。収納をとりつけたら、扉がうまく開閉しない。そういった、インテリアリフォームで思いもよらぬ空間トラブルが生じてしまっては、せっかくの内装工事もどこか腑に落ちないものになってしまいます。
また盲点になりやすいですが、動線を確保することも大切です。カビが生えやすい部屋だから風通しよくしたいと思って窓やドアの位置を変更したにもかかわらず、隣の部屋に行きにくい、何かを運び込むのに遠回りをしなければならないなど、室内の行動に無駄が出てしまうこともあります。あくまでも生活空間ですので動きやすく生活しやすい内装リフォームになることが一番です。

「機能性」という視点

夏の涼しさ、冬の暖かさ、風通しなどの機能性を備えた壁紙・床・ドア・窓を選ぶこともひとつです。隙間風が冬になると身にしみるので、外気をシャットアウトするような窓やドアにしたい。壁がはえにくくするために調湿効果のある壁紙を貼る。消臭効果のある壁クロスで、タバコのニオイを軽減する。ドアの開閉が静かで楽な機能性の高いものを選びたい。このように、調べてみると「そんなすごい商品があるんですね!」と驚くような内装材が普及しています。是非一度秀建で詳しく話をきいてみてください。

観葉植物が置かれた出窓の写真

「費用」という視点

もちろん、あれも欲しい、これも欲しいとなって、結局高額な見積になってしまうことは避けなければなりません。
また、家はお金がないからといって、あれはいらない、これはダメというように、はじめから多くの選択肢をカットしてしまっても、せっかく内装リフォームをしたのにほとんど変化がない、ということも回避したいところです。
窓、ドア、壁、床などのインテリアリフォームは、グレード、機能、耐久性などで初期投資、メンテナンス費用などが大きく変わってきます。ですので、お客様のライフプランを考慮に入れて、家計の事情と相談しながらリフォーム計画を立てましょう。

「五感で選ぶ」という視点

当然、デザイン性という側面も欠かすことはできません。部屋の内装(壁・床・ドア・窓)というのは、日常生活でもっとも長時間目に触れる箇所であり、さらにはお客様を家に呼んだときにその家の印象を強く与える最大の要素でもあります。色、素材、 光、臭い、質感など、美しさと快適さを兼ねそろえたコーディネートが大切です。秀建のリフォームアドバイザーが、プロのインテリアコーディネートをさせていただきます。

ソファの横に観葉植物が置かれたインテリアのイメージ
お客様のニーズやご予算に対応したお得なリフォームメニューはこちら
あなた自身の目で、shukenの建築力をしっかり確かめてください!! 施工にこだわり shukenの仕上がり美人 施工事例
来店予約 今ならお買物ポイントプレゼント

※当日のご来店予約については、お電話にて直接ご連絡頂ますようご協力をお願い致します。

リフォーム・お家の悩みでお困りの方はお気軽にプロのアドバイザーにご相談下さい。
  • 0120-974-344
  • 0120-952-138
  • 0120-919-982
来店予約