海老名市リフォームコラム|リフォームローンの選び方 | 海老名市・大和市・藤沢市でリフォーム&増改築なら『秀建』

  • 見積無料
  • 相談無料
  • 診断無料

お気軽にご相談下さい

MENU CLOSE

裏話&お悩みコラム

2020.6.7

海老名市リフォームコラム|リフォームローンの選び方

|リフォームローンの種類

海老名市や綾瀬市でリフォーム工事をする場合、支払い時リフォームローンの利用が可能です。リフォームで使用することのできるローンは「住宅ローン」と「リフォームローン」の2種類あります。住宅ローンは借入れに担保が必要な「担保型」、リフォームローンは担保型と担保がいらない「無担保型」から選ぶことができます。

担保型のメリット・デメリット

 

「担保型」は不動産や株券・国債を含めた有価証券などの資産価値のあるものなどを担保にすることにより、「借入額が多く、安い金利で、返済期間も長く設定できる」ローンのことです。

特に魅力的なのが「低金利」だということです。

世帯年収などにもよりますが、「担保型」は借入可能額が500万円~5000万円程度、対して「無担保型」は借入額が50万円~500万円という違いがあります。

返済期間については、「担保型」は最長30~35年、「無担保型」の場合は最長10年~15年程度と異なります。

「担保型」のローンはたくさん借入できる分、長い期間で余裕をもって返済できる設定になっているのです。

無担保型のメリット・デメリット

 

「無担保型」は「担保型」に比べて審査期間も短く、必要書類が少なく、審査に通りやすいというメリットがあります。

一般的に「担保型」は審査に4~7日くらいの時間がかかることが多いのに対し、「無担保型」の審査は当日に結果が出ることもあります。

保証人も不要ということが多く、「担保型」より、ローンを組める人が多いのはメリットといえます。

しかし「無担保型」は「担保型」に比べて借入の限度額が少なく、金利も高いので返済期間も短くなっているのがデメリットとなります。

|リフォームローンの選び方

 

どちらを選ぶべきかは「工事費用」によって変わる

 

「無担保型ローン」が「担保型ローン」に比べ諸費用が安い点に注目します。

担保を登録する手続きには事務手数料や保証料などで20万円ほどかかるので、リフォーム工事ぼ金額が100万円以下のリフォームの場合は「無担保型」よりかえって高くついてしまう可能性があります。

なので、どちらを選ぶかは両方のメリット・デメリットを考慮したうえで、リフォーム工事の金額、そして金利のバランスをみて検討する必要がありそうです。

******

海老名市や綾瀬市にお住いでリフォームローンのご利用をご検討の方はお気軽に秀建リフォームにご相談、お問合せください。

お電話でのお問い合わせは
電話番号をタップしてください↓↓↓

一覧に戻る
来店予約 今ならお買物ポイントプレゼント

※当日のご来店予約については、お電話にて直接ご連絡頂ますようご協力をお願い致します。

リフォーム・お家の悩みでお困りの方はお気軽にプロのアドバイザーにご相談下さい。

お気軽にご相談からどうぞ!リフォームのことなら安心と実績の神奈川県 秀建へ!営業電話一切ございません!
通話料無料のフリーダイヤル または 24時間受付!WEBへ!

来店予約