海老名市リフォームコラム|リビングと和室の段差を解消する方法 | 神奈川県の県央エリアや湘南エリアのリフォーム&増改築なら『秀建』

  • 見積無料
  • 相談無料
  • 診断無料

お気軽にご相談下さい

MENU CLOSE

裏話&お悩みコラム

2022.4.22

海老名市リフォームコラム|リビングと和室の段差を解消する方法

みなさんこんにちは!
海老名市のリフォーム&増改築専門店の秀建です。

74f9b2da23e9a4829a4e67cfa364dbe8_l

最近の新築マンションではほとんど見かけないかもしれませんが、リビングと和室の段差は約20年ほど前に建築されたマンションだと当たり前のようによくあります。

バリアフリーという言葉は今では一般的ですが20年前はそれほど世間には浸透していませんでした。

最近では和室を設けないマンションも多く見られますが、子育て中の世代には赤ちゃんのオムツ替えをしたり、お昼寝をさせたり、遊ばせたりと、とても重宝するのが和室で、若い世代以外にも和室は必ず欲しいといった需要はあります。そんな需要があるため、現在のマンションはリビング横に設けた和室への間仕切り部分はバリアフリーが一般的になっているためフラット(段差なし)になっていることがほとんどです。

では20年程前に建築されたマンションで和室とリビングの段差を解消するにはどうしたら良いのでしょうか。

方法は3種類あります。

①スロープをつける

②リビング床を上げる

③畳をフローリングに変更する

海老名市や綾瀬市、厚木市や座間市などの神奈川県の県央エリアにお住まいの方で

和室とリビングの段差を解消したいとお悩みの方向けに

上記の方法を1つずつ簡単にご紹介していきたいと思います。

 

①スロープをつける

スロープをつけることは一番手っ取り早く段差を解消する方法です。

畳のスロープ
(メーカー: TOTOより)

スロープだとネット通販で1m約1万円前後でご自身で購入することが出来ます。

 

②リビング床を上げる

リビングの床を上げる場合、海老名市や綾瀬市、厚木市や座間市などの神奈川県の県央エリアで地域密着のリフォーム専門店に相談すると、この提案が一番多いと思います。

高い床の高さに合わせて低い床の高さを上げるという方法です。

そもそもなぜ、和室とリビングの床の高さが違うのでしょうか。

床の基礎部分はリビングも和室も同じ高さで、フローリングよりも畳の厚さが分厚いため、その分、和室に段差が生じてしまっているということが原因です。基礎部分が同じ高さの場合、リビングの大きい面積の方の床全体の高さを上げるリフォームをすることになります。

 

③畳をフローリングに変更する

畳は大気中の水分を吸収・放出する調湿機能を持っています。その他にも、断熱性能、遮音性能に優れていますが、調湿機能、断熱性能に関しては現在はエアコンが高機能になっていますので、日本の風土に合った畳でなくても室内の快適さは保つことができます。

遮音性能に関しても、海老名市や綾瀬市、厚木市や座間市などの神奈川県の県央エリアでマンションにお住まいの方で、子育てがひと段落したご家庭にとっては家の中での重要度は低くるのではないでしょうか。

畳への強いこだわりがなければ、転倒での怪我を予防することに重きをおいたほうが良いかもしれません。

畳をフローリングにすれば、②のリビング全体の床を上げる工事をするよりも、工事の範囲が狭いので、②より安価に段差を解消することができます。

和室とリビングの段差にお困りの場合は
ぜひお気軽にリフォーム専門店の秀建リフォームにご相談ください。

 

 

海老名市・厚木市・綾瀬市・座間市・大和市など県央エリアや
藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町などの湘南エリアにお住まいでリフォームするならリフォーム&増改築専門店の秀建におまかせください。


↓メールでのご相談はこちらをクリック↓

↓お電話はこちらをタップ↓
通話料無料(営業時間10時〜18時)

 

一覧に戻る
来店予約 今ならお買物ポイントプレゼント

※当日のご来店予約については、お電話にて直接ご連絡いただきますようご協力をお願いいたします。

リフォーム・お家の悩みでお困りの方はお気軽にプロのアドバイザーにご相談下さい。

リフォームのことなら、安心と実績の秀建へご相談下さい。
通話料無料のフリーコールまたは24時間受付のお問い合わせフォームへ。営業電話はいたしません!

来店予約