大和市リフォームコラム|和室の壁「砂壁」リフォーム | 海老名市・大和市・藤沢市でリフォーム&増改築なら『秀建』

  • 見積無料
  • 相談無料
  • 診断無料

お気軽にご相談下さい

MENU CLOSE

裏話&お悩みコラム

2018.10.29

大和市リフォームコラム|和室の壁「砂壁」リフォーム

みなさんこんにちは!
大和エリア、瀬谷エリアのリフォームならおまかせ!リフォーム専門店の秀建です。

sunakabe

一戸建てにお住まいのご家族、マンションにお住まいのご家族でも、現代では洋室と和室が2つともあるご家庭は多いとお思います。どんなお家でもお部屋の用途によって壁の材質や壁紙の種類が違います。リビングや洋室は一般的な壁紙、キッチンや洗面室など水気のあるところは防水機能のある壁紙、和室に関してはどの部屋とも色も違うし、材質も違うので壁紙なんだかモルタル壁なんだかよくわからないという方もいらっしゃいます。和室で昔からよく使われているのは「砂壁」です。「砂壁」は古くなってくると剥がれてきてお掃除が大変になります。現代の住宅にも合う漆喰や珪藻土への塗り替えや壁紙に変更するリフォームが人気です。

|砂壁とは?

砂壁とは、糊液で色砂を練り、上塗りをして仕上げた壁のことです。主に土壁に対して使われます。和室や床の間の内壁に取り入られていることがほとんどです。糊材には、フノリなどの海藻の煮沸液や、デンプン糊が伝統的に採用されていましたが、近年では合成樹脂を代用することも多いくなりました。

|砂壁のメリット

砂壁は畳と同じ様に調湿効果に優れています。和風建築で長年使われてきた砂壁は、日本の気候に合った調湿性の高い壁です。湿度が高いときには湿気を吸収し、湿度が低いときは放湿してくれるので、和室の中の湿度が一定に保たれます。すなわち春夏秋冬どの季節も過ごしやすく、カビやダニの発生を抑えることができます。近年の新築住宅ではめっきり減ってしまった砂壁ですが、自然素材の砂壁が見直されていてアレルギーなどのシックハウス症候群の対策として利用される機会も増えています。シックハウス症候群と診断されてしまった方は砂壁にリフォームすると症状が緩和される可能性があります。

|砂壁のデメリット

良いことばかりの砂壁のように思いますが、なぜ使用する住宅が減ってしまったのでしょうか。砂壁のデメリットをご紹介します。

劣化してくるとボロボロと壁から砂がこぼれ落ちてくる
■物がぶつかるとすぐに削れてしまい傷などに弱い
■砂壁の雰囲気や質感が現代の住宅デザインとマッチしない

この様に自然素材ならではのデメリットがあるのが、減ってきている原因のようです。では砂壁をリフォームするとなるとどんな方法があるのでしょうか。

|砂壁のリフォーム

■砂壁の上から壁用塗料で塗装する
■砂壁を撤去後クロスをはる
■砂壁を撤去後、漆喰を塗る
■砂壁を撤去後、珪藻土を塗る

砂壁リフォームには4つの方法があります。砂壁を撤去せず、補修した後上から塗装する砂壁塗装は撤去費用がないので、コストが抑えられます。費用は6畳で6-10万円です。クロスを張るリフォームは6畳でクロスのグレードにもよりますが、8-16万円が相場です。珪藻土、漆喰に関しては左官作業になりますが6畳で12-19万円の費用を想定しておきましょう。

お問い合わせフリーダイヤル 
0120-919-982 (藤沢辻堂店)
0120-974-344 (海老名西口店)
0120-952-138 (大和店)

問い合わせホームはコチラ

お気軽にご連絡ください!!

神奈川県央・湘南エリア(海老名市、綾瀬市、厚木市、座間市、相模原市、大和市、藤沢市、茅ケ崎市、平塚市、寒川町、横浜市瀬谷区横浜市泉区、横浜市旭区)の水廻りリフォーム・外壁塗装・改装・増築なら、海老名・大和・藤沢の株式会社秀建リフォームにお任せ下さい!!

イベント情報やお得リフォーム情報発信中!
秀建リフォーム公式:Facebook☆

一覧に戻る
来店予約 今ならお買物ポイントプレゼント

※当日のご来店予約については、お電話にて直接ご連絡頂ますようご協力をお願い致します。

リフォーム・お家の悩みでお困りの方はお気軽にプロのアドバイザーにご相談下さい。
  • 0120-974-344
  • 0120-952-138
  • 0120-919-982
来店予約