トイレリフォーム | 海老名市・大和市・藤沢市でリフォーム&増改築なら『秀建』

  • 見積無料
  • 相談無料
  • 診断無料

お気軽にご相談下さい

MENU CLOSE

Toilet | リフォームポイント | トイレ

point トイレの種類

トイレには大きく分けて3つの種類があります。それぞれのポイントを以下に記します。

タンクレストイレ

水をためるタンクがないのでサイズが小さく、トイレをより広く使えます。またタンクレストイレの魅力は その外観のスタイリッシュさ、清掃の簡単さ、そしてタンクが無い分トイレ内の空間を広々取ることができることです。バリアフリー住宅へのリフォームの際にもよく利用されます。一方で手洗い場が別になること、水圧が低い場所では設置できない点など制限があることも事実です。一戸建てでも水圧が低い場合や、マンションの高層階で水圧に不安がある場合は、水圧が低い環境でも設置できるタイプのタンクレス便器を選ぶようにしましょう。
価格帯も標準的なトイレと比較すると、やや割高にはなりますが、高級感あふれるトイレ空間を演出するには最適のタイプです。

タンクレストイレの写真

タンク付きトイレ

このタイプのトイレは便座、便器、タンクとそれぞれ独立した具材を組み合わせたものです。一般的な 家庭ではこのタイプが多く設置されています。メリットはそれぞれが独立している分、故障時の部分交換が可能な点、他のトイレと比べて比較的安価な点が挙げられます。一方でデメリットとして、サイズが大きくなることでスペースを使い、トイレ空間のデッドスペースが多くなる点、それぞれのパーツの隙間に汚れが溜まりやすいという点が挙げられます。なお写真ではタンクに手洗いが付いているものになっていますが、別途用意するなら、手洗いなしもあります。しかし、タンクレスと異なり断水時でもタンクに水が溜まっていれば、レバーを引いて流せる点や、手洗いスペースが付属しているなど、使用するにあたり便利な機能が多いのが特徴です。

タンク付きトイレの写真

ウォシュレット一体型トイレ

実は「ウォシュレット」というのは、TOTOの温水洗浄便座のことです。LIXIL(INAX)では、「シャワートイレ」といいます。温水洗浄便座はいまやトイレに無くてはならない機能です。そういった意味でウォシュレット一体型は非常に便利なタイプと言えるでしょう。一体型のメリットは、接合部のつなぎ目が少なく、見た目がスッキリとし掃除がしやすいという点が挙げられます。また、便座後付けとは違いウォシュレットに給水を分岐させる必要がありません。見た目もオシャレですし、つなぎ目も少ないのでお掃除もしやすいタイプです。ただし、故障の際には一部の交換ができず、修理ないしは取替えが必要になります。

ウォシュレット一体型トイレの写真

トイレの内装リフォーム

トイレのリフォームの場合、便器の交換だけでなく、内装も一緒にリフォームしてしまうケースが多いようです。

床や壁の張り替え、収納スペースや手すりなどの新設といった内装リフォーム時に気をつけたいのは、素材や色の統一感です。質感や色あいを統一しておくと、空間に広がりが出てきます。好みがわかれるところですが、室内に大きな鏡を設置しても、広がりを演出することができます。
ほかにも内装リフォームのポイントをまとめてみましたので参考にしていただければと思います。

棚の付いたペーパーホルダーの写真

掃除しやすい床材・壁材を選ぶ

トイレは常に清潔でなくてはなりません。掃除しやすい素材や形状のものを選ぶようにしましょう。特に床は汚れやすい場所です。床をフローリングにする場合は素材の品質や形状に気をつけてください。トイレの床は水だけでなく、掃除用の洗剤などが飛び散る可能性もあります。アンモニアに強く、表面が特殊なフィルムなどでコーティングされているものを選びましょう。 フローリング以外ではクッションフロアシート、タイルも人気の素材です。光触媒を応用して、気になる臭いの原因となる雑菌の発生をおさえる、トイレ用のセラミックタイルも発売されています。

トイレ掃除のイメージ画像

壁材には人気の珪藻土も

壁材には、壁紙やタイルなどを使うことが一般的ですが、最近は、調湿機能や消臭効果のある材料を壁に使うケースが増 えています。こうした効果が期待できる、珪藻土や竹炭パウダーなどを含んだ壁紙も登場しています。また、壁全体に珪藻土を塗布すれば独特の質感が楽しめますし、消臭などの効果も期待できます。

収納は使い勝手を意識する

トイレ用品にはかさばるものが多く、少しでも効率よく収納スペースを確保したいものです。まずは、トイレットペーパーや衛生用品などを手に届く場所に置くことから考えてみてはいかがでしょうか。例えば、多くのトイレではトイレットペーパーホルダーが1つで、その周囲には何もないはずです。であれば、ホルダーを2つにして予備のペーパーも確保できれば、途中で紙が切れてもあわてることはなくなります。使い勝手を意識して、限られたスペースの有効活用を考えてみましょう。

トイレットペーパーの写真

間接照明で演出するなら明るさをしっかり

トイレに限らず照明の明るさは、人それぞれに好みがあります。雰囲気のいい間接照明を採用するリフォーム例も多くありますが、実用性も大事です。どの程度の明るさなのか、その明るさで問題がないのかをよく確認しましょう。間接照明だけでは暗すぎるということもあるかもしれません。

バリアフリーリフォームも考える

将来のために、高齢者や車椅子でも使いやすくするのがバリアフリーリフォームです。このポイントは、まずは段差をなくすこと。トイレ内はもちろんですが、廊下や通路とトイレの段差も解消しておきましょう。次にポイントとなるのはスペースの確保です。トイレに車椅子が入るスペースがない場合は広げる必要があります。あわせて、手すりや、緊急コールボタンも設置しましょう。扉も、万が一の時に開けやすいスライド式か外開きのものがベターです。

トイレのイメージ画像
お客様のニーズやご予算に対応したお得なリフォームメニューはこちら
あなた自身の目で、shukenの建築力をしっかり確かめてください!! 施工にこだわり shukenの仕上がり美人 施工事例
来店予約 今ならお買物ポイントプレゼント

※当日のご来店予約については、お電話にて直接ご連絡頂ますようご協力をお願い致します。

リフォーム・お家の悩みでお困りの方はお気軽にプロのアドバイザーにご相談下さい。
  • 0120-974-344
  • 0120-952-138
  • 0120-919-982
来店予約